小児 大百科

小児大百科

様々な小児医療

私たちの周りには小児科、小児歯科などの医療施設が数多くありますが、実際には何歳までの子供が小児と言うのかをご存知ですか。小児とは概ね15歳以下の子供を指しているのだそうです。ですので、お薬などの服用量などで小児の場合は1錠などの明記がされている場合は15歳以下を目安に考えればよいということになります。

ちなみに幼児が6歳以下で乳幼児が3歳以下、乳児は1歳以下という言い方をする場合が多いようです。今回は小児問題ということをテーマに小児が発症しやすい病気などを中心に小児医療機関の問題などを考えていきたいと思います。

近年小児食物アレルギーや小児性アトピーなどに苦しんでいるお子さんや親御さんは年々、増加傾向にあり大きな社会問題となっています。小児食物アレルギーや小児性アトピーは年齢を増すごとに改善され、成人になった頃には大半の人が改善されるというのが定説だったのですが、近年では成人しても症状が改善されずに苦しんでいる人も多いのだそうです。

社会問題といえば小児科医療の現場でも小児科や小児科医の減少が深刻な問題となっており、小児科医療の在り方が問われています。小児医療の衰退には様々な理由がありますが、最も深刻視されているのが医療報酬の問題があると言われています。このような問題点を簡単に解説していきたいと思います。

そして、最後に一緒に考えて欲しい問題が小児がんです。みなさんも小児がんという言葉を実際に聞かれたことがあると思いますが、一概に小児がんといっても様々な種類があります。大人で言えば胃がん、肺がんなどが高い発症率として有名ですが、小児の場合のがんと言えば断トツで白血病だということをご存知でしたでしょうか。

近年では、小児がんを取り上げたドラマや小児医療の問題を取り上げたドラマなどが放送され、より身近に感じることができます。小児医療の問題は決して遠い世界の話ではなく、きっとあなたが住む街でも起きている身近な問題だということを知って頂ければと思います。

Copyright (C) 小児 大百科 All Rights Reserved